[健康診断]結節性陰影と診断されたら。

Filed under セナ日記|人との関わり合いで思ったこと, セナ日記|今こんな感じですよ系, セナ日記|今年の思い出になるっぽいコト, セナ日記|誰かに向けたメッセージ

[健康診断]結節性陰影と診断されたら。



はじめに


私は、2008年12月に、会社の健康診断でX線のレントゲンを撮りました。

その結果「右上結節性陰影有」と診断され、病院で診察を受けるように指示されました。

精密検査を受けたわけですが、その経験者として、同じような方がいるであろう社会に向けて

このブログを通じてフィードバックをしたいと思って書いております。

つまりこのブログを書いている私は普通の会社員であり、医療従事者ではありません。

その点を予め十分にご承知ください。


私のプロフィール


近親者に肺の病気や癌を患った者はおりません。

タバコは受動喫煙の多い環境で過ごして来ましたが、私自身は全く吸いません。

27歳の男性で会社員。趣味でインラインホッケー(無酸素運動)を中学生の頃からやっております。

今回の健康診断のちょうど一年前にもX線のレントゲンを撮っておりますが、

その時は特に異常は見つかりませんでした。


精密検査の結果


私が病院で精密検査を受けた結果、

今回疑われた陰影について、特に異常は見つかりませんでした。

この結果が出るまでの経緯やその他の情報を下記にまとめてみました。


行った検査や診察について


1回目の通院


まず私が受けた健康診断の結果通知書にはレントゲン写真が付いていませんでした。

保険証と文字しか書いていない診断書を持って大きな病院に行き、

総合窓口で状況を説明したところ内科窓口に案内されました。

初診の手続きを済ませ、内科の先生に診察してもらいます。

大きな怪我や入院の経験、家族で癌や呼吸器系の病気をした人はいるか?

初日は聴診器+問診といった感じで、後日呼吸器系専門の先生に見てもらおうということになりました。

※ 30%自己負担で、1500円程度支払いました。

2回目の通院


呼吸器系専門の先生に診てもらいます。

検査


私の場合、レントゲン写真を貰えていなかったので、再度胸部X線写真を撮ることになりました。

大きな病院なのでレントゲンを撮ってすぐにその場で診察をしてくれます。

Tシャツを着たまま、ボードの前で息を吸ってとめてカシャリ。

普通のX線レントゲンです。

診察


「今回健康診断で引っかかったのはこの部分です」

レントゲン写真を見せられ、私の右肺、中心よりもやや上のあたりに、確かに小さく丸い影がありました。

「こうして影が確認される以上、CTスキャンを撮って確認する必要があります」

「CTスキャンを行うことで肺の断面図を確認し、何か問題があればそこを治していくという流れです」

「今回は胸部のCTスキャンなので、ご飯は食べてきていただいて結構です」

CTスキャンは1分程度横になるだけです、注射が必要だったり苦痛を伴うようなことはありません

CTスキャンの予約を取り、この日の診察は終了しました。

※ 30%自己負担で、1500円程度支払いました。


3回目の通院


2回目と同じく、呼吸器系専門の先生に診てもらいます。

検査


CTスキャンを行いました。

胸部の場合は特に着替える必要もなく、下はジーンズのままでTシャツ姿。

担当技師の方の指示を受けて、靴を脱いでから横になります。

「息を吸ってください」→「止めてください」→スキャン→「楽にしてください」、これを3回繰り返しました。

特に苦痛や嫌な気持ちになることもなく、検査は入室から退室まで3分程度で終了しました。

ちなみに装置はシーメンス製でした、型番は違ったかも知れないけれど見た目はこんな感じです。



診察


CTスキャンの結果は、X線のレントゲン写真と比べ、信頼性が格段に高いそうです。

肺の断面写真を連続で見せていただきまして、「ご覧のとおり何もありません」と言われました。

X線ではホクロや乳首が写ってしまったり、何かしらの条件で影が出てしまうことが多いそうです。

また、一般的な健康診断では、特に「画像診断」を専門としない先生が見ていることが殆どらしく、

「少しでも疑いがあれば二次検査を」という流れになっているのが現状だそうです。

決して悪い意味ではなく、「X線レントゲン+たくさんの医師による診断」で1度ざっくりと篩いにかけ、

少しでも気になれば比較的容易に二次検査送りをし「CTスキャン+専門医による診断」というのが

漏れなく多くの人に向けて確かな診断する為に必要な流れなのだと先生はおっしゃっていました。

つまり、私のように引っかかって何も問題なしというパターンがかなり多いのだと。

※ 30%自己負担で、5000円程度支払いました。


私がこの記事で主張したいこと


私がこの記事を書いているのは、私と同じように健康診断で「結節性陰影」と診断され、

私と同じように不安になり、私と同じようにインターネットで情報を集めている方達に向けて、

すぐにでも専門医による診察を受けて欲しいという思いを届けるとともに、

何かを待つ時間の穴埋めをしたいと考えたからです。


私もやはり最終結果がでるまでの間、最悪のケースについて一人で色々考え込みました。

何事も、戦略的に頭の中で考えているうちは最悪のケースを考える事が重要で、

実践行動をし始めたらとにかくポジティブに考えよう!というのが私のモットーなのですが、

今回の件においては人生や結婚、貯金や保険のことについて、もうグルグルグルグルと考えてしまいました。

でもそれは、検査の結果が出ないと何も言いきれないこと。(そんなの本人もご家族もわかってるんですよね!)

受験勉強で言えば、本番の試験終了直後、とにかく希望を持ちながら待つしかないのです。

そしてその上での結果がネガティブならそれを受け入れるしかないのです。

この手のことは、結果が出てからで間に合うのだと思います。

生きているってこと自体のすごさ、健康の大切さ、今ならすごく感じられるはず。

結果がどうであれ、何が何でも、とにかく生きるのです。

ずぶとく!大切な人たちの為に!あちょー!って。



インターネットを調べると肺癌や結核、その他「病院で診察を受けてください」的な色々な情報は載っておりますが、

それらの情報は「情報の役割」として専門的すぎて、待っている私にとっては読んでいても不安になり、怖くなる一方で。。

だからこうして書いてます。実際に検査を受けて、どのような体験をし、同じ境遇の人がどうなったのかの一事例を。

一番ポジティブなケースを横目に感じながら、自分自身との問題に向き合って貰う為に。

それが、一番ポジティブな結果をいただけた私自身が次に歩むべき道なのだと思い、社会にフィードバックしています。

「私は平気で良かった」的なメッセージでも、「みんなも平気だよ」的なメッセージでもありません。

少なくても客観的な結果が出るまでの間に、心配すべきことは何もありませんので安心して検査を受けてください。


さいごに


今回のCTスキャンで、私は「結節性陰影」とは関係のない別の肺病リスクが見つかってしまいました。

私個人のことですし、話がそれてしまうのでここでは具体的なことは書きません。

「結節性陰影」とは全く関係のない話であることだけ強調いたします。



何が言いたいかというと、健康診断を受けてください

主婦の方、自営業の方、大丈夫ですか?

健康って本当に大切です。

「生きていれば大抵のことができる」と言うと実感がわかないかもしれませんが、

病気になると、できなくなることがたくさんあります。

医療は確実に進んでいますし、早期発見がとにかく重要です。

せめて1年に1度確認しておくだけで、健康に過ごせる確率がものすごく高くなるとおもいます。

大切な人に向けて、そういう愛し方があるのだと僕は今回思ったのです。

それでは、お大事に。




26 Comments

  1. 気になって
    Posted 2009 年 8 月 28 日 at 12:53 PM | Permalink

    同じように健康診断で、結節性陰影なので精密検査を
    受けるように言われた者です。
    精密検査を受ける日まで数日有り心配だったので、
    すこし安心しました。ありがとうございます。

  2. riko
    Posted 2009 年 9 月 17 日 at 1:46 PM | Permalink

    健康診断で、結節性陰影で3ヵ月後検査とありました。
    ネットで、肺がん、結核などの文字をみて驚きました。
    健診センターではなく、他の病院で健康診断結果(文字のみ)を持っていったのですが、X線を撮り、同じように、影があるからとCT検査をするよう言われました。
    今、結果待ちで、不安でいっぱいです。
    でも、拝見させていただいて、少しだけ安心しました。

  3. マグロ
    Posted 2010 年 1 月 19 日 at 11:05 PM | Permalink

    今日、健康診断の結果が出て同じく影が出て引っ掛かってしまった者です。
    なんでも真に受けてしまう性格のため、今日は一日中意気消沈しておりました。
    そしてネット検索からこちらにたどり着きましてレポートを拝見し、さっきまで圧し掛かっていた陰鬱さがかなり肩から降りた感じです。
    診断で引っかかっても何もないこともあるのですね。
    レポートありがとうございます。
    後日精密検査を受けてみようと思います。

  4. すぱいく
    Posted 2010 年 2 月 5 日 at 3:50 PM | Permalink

    私も2010年の健康診断 人間ドックで結節性陰影と診断されました。

    かなり不安になってやはり皆さんと同じようにネットで情報収集しまくってびびりまくりの日々でした。

    結果は今日わかったのですが、炎症の跡とタバコのすいすぎで肺胞が死んでるのが陰として写っておりました。

    炎症は幼いころ肺炎で重症になったのでそのせいと思います。肺胞が死んでいるのはタバコすってると(30本/日、15年)なってしまうとのことです。

    なにかの病気ということではありませんでした。

    医師に聞いたところ、やはりレントゲンだとわかりにくいのでちょっとでもなにかあると精密検査を要求するとのことでした。

    さらに見る人によってひっかける度合いはまちまちとのこと。

    何かあれば早急に、粛々と精密検査ですね。

  5. このみ
    Posted 2010 年 2 月 27 日 at 8:19 PM | Permalink

    きょう検診の結果を見て すぐにここに辿り着けてよかった。
    かなり不安が治まりました。

    この体験を伝えてくれたことセナさんの優しさに心から
    感謝します。

  6. aiko
    Posted 2010 年 3 月 27 日 at 12:36 AM | Permalink

    今日、人間ドッグの主人の結果に左肺に結節性陰影ありで精密検査要で、紹介状まで入っていました。主人は今、アメリカに出張中でまだ報告していませんが、私が不安になってネットで検索してみました。検索して初めてたどり着いたサイトがここでよかったです。
    不安はありますが無駄に不安を募らせていくことないんだなと思い返すことができました。ほかのサイトはとりあへず見ないでおこうとおもいます。まず再検査をしてもらってそれからかんがえますね。貴重な体験を分けてくださってホントにありがとうございました。

  7. はるき
    Posted 2010 年 6 月 15 日 at 9:06 PM | Permalink

    私は、医療従事者ですが、結核の患者さんに知らずに接する機会も、一般の人とは格段に多い者です。
    今日、検診で陰影結節を指摘されました。血液検査(QFR)をして2週間ほどの検査結果を待って、結核か否かの判断を待つことになりました。

  8. あんり
    Posted 2010 年 6 月 28 日 at 12:11 PM | Permalink

    私も毎年受けてる健康診断で
    今回見慣れない文字で「結節性陰影疑い」評価赤でD2でした。
    かなりびっくりしてます。
    どういう系統の物かもわからず不安で病院に行く前に心準備に調べてみました。
    今後の流れがよくわかりました。
    とりあえず主治医(町医者)に行って、それから紹介して頂いたらいいですかね?

  9. yonezou
    Posted 2010 年 7 月 9 日 at 10:23 PM | Permalink

    会社の検診で「右肺に結節性陰影の疑い」。不安に慄いていた私でしたがセナさんのブログに救われました。本当にありがとうございました。

  10. いっちゃ
    Posted 2010 年 8 月 5 日 at 11:46 PM | Permalink

    ブックマークにして何度も読みました。
    私もセナさんと同じでした。
    人間ドックの結果、肺に小さな印が付いてました。紙ベースだから、余計に不安になりました。肺野って何?結節って何?どんな陰影なのか気になり、掛かり付け医院にてレントゲン撮影しました。肺の陰影は直径2センチ…ドックだけなら間違いもある?でも、二度目もだったら、間違いなく何かの影?
    今日、CT検査をし、結果は異常無しでした。陰影は肺胞が潰れたためとの事。3ヶ月前、肋骨が痛くなるような咳風邪をひいていたけど、もしかしたら、それが原因かもしれないです。
    再検査まで少しでも明るい材料が欲しかった時に出会えたセナさんのブログ、不安な思いを共有できて心強かったです。ありがとうございました。
    再検査の結果を聞くのは怖いけど、頑張りました。

  11. たけちゃん
    Posted 2010 年 10 月 1 日 at 1:21 PM | Permalink

    セナさん、ありがとうございました。わたしも人間ドックで肺上部結節陰影と診断されました。すぐCTの予約をしたのですが、いっぱいで1か月待ちとのこと。早く安心したいものです。

  12. こずえ
    Posted 2010 年 10 月 24 日 at 1:02 AM | Permalink

    セナさんの誰かの役にたてたら。。との思いすばらしいです。
    健康って、本当に大事です。なくなって、もしくはなくしかけて
    初めてきづくのかもしれません。
    健康に不安があると、ネットで調べて、でも意外と
    大丈夫って情報よりネガティブな情報ばかり受け取ってしまうこと
    心配ですよね。
    「少なくても客観的な結果が出るまでの間に、心配すべきことは何もありませんので安心して検査を受けてください。」
    ありがとうございます。
    大切な人のために、あちょー。

  13. ちえ
    Posted 2010 年 12 月 15 日 at 10:27 PM | Permalink

    今日人間ドックの結果がきてから まだ小学生の子どものことを思いとても沈んでいました。
    こちらを拝見し 再検査を受ける勇気が持てました。
    ありがとうございます。

  14. ちかっち
    Posted 2011 年 1 月 21 日 at 6:14 PM | Permalink

    今日、検診の結果を貰いに病院へ行ったら「肺の左上に2センチ位の丸い薄い影があるのでCT検査を受けてください」と言われて子供が小さい事もあり心配で心配で調べていたらたどり着きました。病院からの帰りは意気消沈でフラフラしながら帰宅しましたがブログを読ませていただき元気が出てきました。
    早速、総合病院に電話してCT検査の予約を取りました。後は何も無いことを祈るばかりです。ありがとうございましたm(__)m

  15. ちいー
    Posted 2011 年 12 月 24 日 at 9:57 PM | Permalink

    私も数日前に肺ドッグを受け結果を見たら『結節性陰影』て書いてあり
    肺ガンしか浮かびません。精密検査を受けに行く迄
    気をしっかりもちます。

  16. しゅん
    Posted 2012 年 2 月 17 日 at 10:58 AM | Permalink

    会社の健診で結節影・E要精密検査でした。
    最初は激しく動揺しましたが、こちらのブログを拝見させていただき希望が持てました。
    翌日すぐにCTを受けることができ、異常なしとの結果でした。
    怖がらずに再検を受けて良かったと思っております。
    セナさん、ありがとうございました。

  17. ブラソ
    Posted 2012 年 7 月 14 日 at 4:06 PM | Permalink

    三連休の前に、検診の結果に「結節性陰影、肺がんの疑いあり、要精査」との文字の並ぶ結果に。。まだ、5歳の子供、が居るわたしは「死」を意識し、慄いて、慟哭してしまいました。。この記事にたどりつき、連休明けの火曜に、CTをおけることに、前向き、というか、あんしんというか、がんばれるかな?という勇気を戴けました。本当に、感謝。結果がきになりますが、がんばってきます。ありがとうございました。

  18. pit
    Posted 2012 年 11 月 8 日 at 12:40 AM | Permalink

    私もみなさんと同じように会社の健康診断で「左肺に不整陰影あり」で要再検査となりました。レントゲンを見せてもらったら、素人目にもはっきりわかる陰影で、さすがにこれまでかと思い、ネットでいろいろ情報を検索していた際に、このサイトにたどり着きました。

    その結果、不安な気持ちがだいぶ楽になりました。ありがとうございます。ここに到達した後は、やみくもにネット上で情報を得ることがばからしくなったくらいです。

    ちなみに、昨日CTでの精密検査の結果が出て、無事なんともないことが分かりました。肺炎の跡だったのだろうという結論でしたが、同じような経験をされているみなさんの参考に少しでもなればと思い書き込みさせて頂いています。ありがとうございました。

  19. pine
    Posted 2012 年 11 月 28 日 at 3:35 PM | Permalink

    大変参考になりました。
    とりあえず病院へ行くことにします。

    SENAさんに、
    肺病のリスクが見つかったとの事、
    お大事にして下さい。

  20. TK
    Posted 2013 年 4 月 11 日 at 10:18 PM | Permalink

    人間ドッグで「右肺野結節影」E判定と診断されかなり動揺してしまいましたが、セナさんのブログと皆さんのコメントに救われました。すぐに精密検査をし結果問題ありませんでした。(一週間かかりましたが)先生にお話を伺った所、殆ど問題ないとは思ったものの年齢の事もあり念のため引っ掛けたという事でした。正直先にそれを先に言ってくれればと思いましたが…。
    皆さんには本当に感謝です。同様のケースの方の参考になればと思い投稿させて頂きます。

  21. モナ
    Posted 2013 年 6 月 20 日 at 12:44 PM | Permalink

    母なのですが、アメリカ旅行中に心臓が苦しくなり救急に運ばれて、その時に心臓と肺のレントゲンを撮り、ERの医師に肺に白い丸い影があると言われました、診断書には肺結節要検査と有りました。慌てて現地の専門医に掛かりましたところ、
    痰検査(3日間)結核の血液検査、CTを受けなさいと言われ
    即全て検査したのですが、救急に運ばれた日からCTの結果発表を知らされる迄の1週間は生きた心地がしませんでした。
    そんな中、セナさんの書かれた事を読んでは落ち込まないように
    に毎日数回読んでいました。とても励まされました。
    お陰さまで母のその結節は癌でも結核でも無く他の疾患でした。

  22. まきこ
    Posted 2013 年 9 月 2 日 at 8:19 PM | Permalink

    先日の健康診断で 肺右下に結節、 要精密検査 といわれた50代の主婦(自営)です。   やはり 不安で ネットで情報を探していました。   主人も以前 健康診断で 肺に影があると言われ、 精密検査をしたところ、 はじめの検査でとったレントゲンの撮影ミス、というようなことで、 ほっとした覚えがあります。  そうは思うものの、 やはり 自分のこととなると、 いろんなことを考えてしまいます。   まずは、 金曜日に精密検査を受けて、のことですが。  でも この記事に出会えて 少し気持ちが楽になりました。 ありがとうございます。

  23. あんぢ
    Posted 2014 年 4 月 1 日 at 8:40 PM | Permalink

    今日人間ドックの検査で影があるからと
    再検査と言われ
    かなり動揺しましたが
    こちらのサイトにたどり着き
    少し希望が持てました。
    結果が出るまで不安ですが
    気持ちをしっかり持ち
    検査を受けてきたいとおもいます。
    他の肺疾患が見つかったとのこと、
    お体大事になさってください。
    ありがとうございました。

  24. リンダ
    Posted 2015 年 3 月 9 日 at 4:20 PM | Permalink

    人間ドックで肺に一ヶ所小結節影ありとの結果。評価3要経過観察とのことだか、いてもたってもできず、速大病院で再度X線検査、さらに胸部CTの検査を受けました。結論は古い肺炎の跡だったことが分かりました。セナさんのブログに感謝です!そして同じ境遇の皆さん、勇気を持って素早く精密検査を受けることをおすすめします。

  25. コウイチ
    Posted 2015 年 6 月 1 日 at 1:56 PM | Permalink

    健康診断で左下肺野結節影とかかれており、びっくりしました。私も色々な事が頭を駆け巡り、、心臓もバクバクで。。
    色々なことをネット調べました。その日にいても立っていられず病院にいき、レントゲンとCTを撮りました、、結果、何も映らず異常なしと。。これはどういうことなんだ?なぜ?と思いましたが、このような事も多々あるようなので、今は安心しています。

  26. トム
    Posted 2015 年 8 月 13 日 at 6:14 PM | Permalink

    6月にドックを受診。「側面に小結節の疑い。12か月後に再検査をお受けください」とあったので、来年のドックで診れば良いのだな、他の再検査項目も無く、1年間無事過ごせるなあ、と安心していました。が、なんと2か月後の8月の本日、病院から「出来ればCT検査を受けてください」との電話。おいおい、どうなってるの。冷や水を浴びせられた感じです。6日後にCT検査、更に6日後に医師所見、とあちらも悪いと思ったのか電話で日程も決定。
    焦ってネット検索したらこのサイトにたどり着きました。「万が一」を考えての検査なんだなあと思いながらその日を待ちます。

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA