最近感じる気配のこと。

Filed under 27歳の作品, セナ日記|写真詩

20090910_001


やる気っていうのは、

何かを達成しようとする気持ちのこと。

やる気の要因が外部にあろうとなかろうと、

やる気そのものは自発的なもの。


僕はこういうことを考えていると、

自分自身って一人じゃないような気がしてきます。

たった一人の自分自身なのにね。

なんだかまるで他人みたいな感じで不思議な感じがしてくる。



突然ですけれど、

何かを達成しようとする気持ちって最近ありますか?


たぶんだけれどね、

やる気っていうのはやっぱりあったほうがいいと思うんですよ。

何かを達成しようとする気持ち。

やっぱあった方がいいんだよ。

だって、単純にそんな感じがするじゃん。

そこは理屈じゃないと思う。



そして僕は最近思うんです。

達成しようとする物事の、でかさとか、スパンとか、

温度とかっていうのは本当に色々なんだなーって。

知っていたけれど、改めて気付いてしまったようなありがちな経験。


静かに居座るような「やる気」もあるし、

メラメラモリモリと湧き上がってくるような「やる気」もある。

1週間先に控えているゴールに向けた「やる気」もあるわけだし、

一生を通じて、じっくりと作り上げていこうと思っているような「やる気」もあるわけです。


なんかそういう風に考えているうちに、

「やる気」って思っていたよりも奥深いぞって思ってくるわけです。

どんなに落ち込んでいる人にも、どうやら基本的には

何かしらのやる気はしっかりとあるっぽいぞって。

本人も把握しきれないくらい奥に、おいしく馴染んでいる「やる気」が。



心と体はつながっているけれど。

つながるというコトバが出てくるぐらい、

本当は別々なものなんだと思う。


体がだるいと、やる気がでないでしょ。

体が理由でね、何かを達成しようとする気持ちをじゃまするんだよ。

「やる気」というものをじゃましてくる。


でも、さっき言ったように、「やる気」って色々あるんだなーって気づいてから、

「やる気だけはある」って、少し昔よりも気軽に言えるようになった気がする。

叶えたい気持ち、達成したい気持ちは基本的にいつでもあって。

進むべきときと、蓄えるときの分別とかと向き合っている。

なんかね、うまくいかない時でも「本当はこういうのやりたいなー」って描き続けることって大切だなって。

理想は、現実と上手につきあうために不可欠だと思うんだ。


なんだかね、世の中のエネルギーが動いているのを感じるんだ。

余計なものや、間違っていたものが、いろいろ、いろいろ、正される季節に入った気がする。

だからみんなシンドイだろうし、その分きちんと最適な方向に向かっている。


あなたに眠る静かなやる気を想って、

僕もやる気を更新する。

あなたも僕も向かっている、

最適な方向へ。


SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA