それもまた成長なのかも知れません。

Filed under 28歳の作品, セナ日記|写真詩

201001011_003


将来への不安を描いたり、

もう戻らない過去を想ったり、

その上で現在と向き合っている。


それら一通りのサイクルがあってはじめて得られる成長、

前に進むというある種のつりあいが成り立っている。

人生っていうのはそういうものなのかも知れない。


その後に前を向くためなら、

振り返ったり、ちょっぴり悲観したり、

そういうプロセスはとっても大切だということです。


僕はそれを区別する。

少年のような澄んだ目で、フェアにそれを区別する。

自分にも、他人にも。


今日も不安を抱えている。

何度も過去に、呼び戻されている。

そういうものと生きている。


ある時代や世代から見つめれば、

それもまた成長なのかも知れません。

SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA