写真に言葉を載せよう [その1] Windowsのペイントを使って無料でやる方法

Filed under 28歳の作品, セナ日記|写真詩



Windowsに最初からインストールされているソフト、「ペイント」を立ち上げます。





ペイントの、「ファイル」→「開く」メニューから言葉を載せたい写真を開きます。





写真が読み込まれます。
ただし最近のデジカメはサイズが大きいため、大きすぎる場合は縮小する必要があります。





大きすぎる写真を縮小しましょう。
「変形」メニューから「伸縮と傾き」メニューを選択し、「伸縮」の所に適切な値を入力して縮小させます。
どれぐらい縮小させればいいのかは、デジカメや作りたい加工写真のサイズによって異なります。
お好みで設定して構いませんが、縦横比が崩れてしまうので、「水平方向」も「垂直方向」も必ず同じ値を入力しましょう。





大きすぎた写真が適切なサイズに変更されました。




→画像に言葉を載せましょう。
(1)画面左側の「ツールボックス」から「テキスト」ボタンをクリックします。
(2)「背景を透明にする」ボタンをクリックします。
(3)テキストを入力したい位置でクリックし、テキストを入力します。入力するスペースが狭かったら、入力している欄にある点線の囲み(グレーの点の部分)をドラッグして入力欄を大きくしましょう。

→入力した文字のフォントを変更させます。
(4)入力した文字をドラッグして範囲選択しましょう。
(5)「フォント」ツールバーでフォントの種類やサイズを選択しましょう。このとき、画面下の「カラーパレット」で好きな色をクリックすることで、フォントのカラーも変更できます。





「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」をクリックし、パソコン内の好きな場所に保存します。
ここで注意点が2つ。
注意点1、ファイルの種類を必ずJPEGにしましょう。(ファイルサイズと綺麗さがバランスいい)
注意点2、ファイル名は半角の英数字を使いましょう。(全角はWEB上で公開することになったときに使えない)






以上です。

素敵な写真ライフをどうぞ。

SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA