上手くいかなかった時の対処法

Filed under 親父の知恵袋

上手くいかなかった時は、

何で上手くいかなかったのか考える。

その時は、自分の非や工夫できる余地を疑う。

直すべきことがあれば素直に受け入れる。(成長のチャーンス)

よーく考えて、自分は悪くないって思ったら、ちゃんと振り返った分だけ、自信を持つ。

ちょっとしか振り返っていない分、疑いをもつこともだいじ。

もっかい試して、学習していく、バランスを知ることがだいじ。

 

世の中、どんなに立派な人でも間違っていることがしばしばある。

そして、世の中には理不尽なヒトやコトやトキがあることを知っておいて欲しい。

そして、そういうものとは距離をおいたり、ほどよくしたり、とことん付き合ったり色々な選択肢があることも知っておいて欲しい。

自分がどんなに「俺は正しい」と思ってても、それが間違っていたり、主張をしすぎずにやり過ごすことがだいじな時もある。

むずかしいね。

むずかしいけど、その加減を知っていくことが大事なんだ。

 

自分っていうのはとてもだいじ。

生きるうえで「自信」というのは無くしてはいけない。

でも、それを輝かせたりもっと良くするためにも謙虚であることもだいじ。

諦めないことと、割りきること、両方だいじ。

 

最もたいせつなことは、社会のなかにおける自分自身が「解決的な方向」に進んでいけること。

危ない時は逃げてください。でも、逃げちゃいけないことからは逃げないでください。

自分の今と未来が明るくなることがだいじ。

社会に喜んでもらえる方向へ、自分自身を伸ばしていくことがだいじ。

 

あとはホリエモンさんが言ってた。

嫌なことがあったら、とことん反省する。

たくさんへこむ。

そしてそのあと、友だちとお酒でも飲んで、楽しい時間を過ごしてスパッと忘れる。

そしたら次の日からまた頑張る。

二十歳を超えたら、そういうのもいいかも。

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA