回り道

Filed under 36歳の作品

自らの内側より湧き出る「想い」を歩んでいたはずが

いつの間にか、その先で出会ったその他の事に縛られるようになる

それは当時に歩もうとしていた想いをじゃまする存在でありながら

望んだことの結果に現れていることだからそこはもどかしいし面白い

今一度、自分は何をしたかったのか、何をしようとしていたのかを最初から辿る

手間はかかるが求めていることの本質が見えてくる

求めているのは幸せか、成長か、知ることなのか、世話をする力か

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA