セナ日記|誰かに向けたメッセージ

宙に浮いたキャリアの使いみち

Filed under セナ日記|誰かに向けたメッセージ, 人生論

技術とか、経験とか、特技とか、

人に喜ばれるかも知れない

自分が持っているもの。

 

その「使いみち」っていうのは、

必ずしも仕事だけではない。

 

せっかく持ってるのだから、

人の役に立てて、

自分も楽しんでしまえばいい。

 

この際、実際に行動しなくてもいいよ。

自分が持っているものを振り返ったり

その使いみちについて考えたりするだけで

すこし楽しく、人生がわくわくしてくるから。

 

人生や暮らしは、想像以上に

柔軟に考えてよいものだと思う。

今は仕事から離れてるお母さんも。

毎日を繰り返しているお姉さんも。

 

楽しめばいい。

趣味なり、仕事なり、人につながる部分で。

自分自身を育てなさい

Filed under セナ日記|写真詩, セナ日記|誰かに向けたメッセージ, 人生論

嬉しいこと、悲しいこと、やったことがなかったこと、できたこと、得意なこと、生きる中でたくさんたくさん集めなさい。

集めて自分を育てなさい。

勉強もだし、失恋もだし、色々な能力や経験、自分自身を育てなさい。

そういうものを積み重ねるうちに、一朝一夕では絶対に創りあげられない価値があるものになる。

積み重ねることを辞めるなんて惜しい、死んでしまうなんて惜しい、悲しい。

そういう自分になっていく。

そこには、自分自身のすべての経験や、自分と関わってくれたすべての人が宿る。

だから自分自身が大切になる。

色々な人の思いや、その人との思い出が宿る。

それがもっと生きる理由になる。

近況報告。 頑張る、頑張れ、頑張ろう。

Filed under セナ日記|自己分析, セナ日記|誰かに向けたメッセージ, 人生論





「大好きな街、二子玉川。」

何の関係も持たなかった人からしてみれば、東京の端にある普通の街に見えると思う。
しかし、自分の中では思い出が多く、深く、呼吸をするように色を持ち、キラキラ眩しく、少し切なく、とても大切に思える街だったりする。
その昔、まさか自分が住むことになるなんて思ってもみなかったけれど、ご縁があって、今は物理的にも所属している。

自分にとって二子玉川は、施設や道路の再開発だけでなく、その街が持つ意味や思い出も現在進行形で育っている。
愛しているとか、応援しているとか、精神的な意味でも所属をしていて、日々をそういう気持ちで過ごしている。
それは、常に新しく前向きに頑張っていけるような「良い状態の自分」をつくりだしてくれている。

もしも、これを読む人にとって、それと似たような存在になりうる場所がどこかにあるのならば、
どうか自分の内側から湧き出てくる感情を恥ずかしがったりせずポジティブに受け入れて、
愛おしく、楽しく、大切に思いながら生きてくれると嬉しいって思う。

そういう気持ちこそ、すべての源だから。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 


「この冬、僕は会社を辞めることにした。」

転職をすることになりました。
いつか辞める日が来るなんて考えることもなく頑張ってきたし、
新しくお世話になる会社も、自分がその会社に入社するなんて当然思ったこともなかった中で、
色々な偶然が偶然重なって、ご縁があって入社することになりました。

「入社」 や 「はたらく」って、人によって色々な捉え方があっていいのだと思うけれど、
自分は 「人と人の想いのつながり」 であることを最優先で考えていきたいタイプの人間で、
物理的な移籍が発生するわけだけど、お世話になった仲間にも、新しい仲間にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも立ち止まることなく、具体的な社会人としての力を身につけて、
直接関わりあう仲間やお客様方、理解や応援をしてくれる様々な人たちのために、
一生懸命頑張っていきたいと思う。


― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― ― 


「頑張る、頑張れ、頑張ろう。」

「甘い」という人もたくさんいるかもしれないけれど、これまでも今も、自分なりには一生懸命に頑張ってきている。
自分が世間的にすごいかどうかの話ではなく、自分を理解して応援してくれる人たちに対して恥ずかしくないかどうかが重要だ。
その時々からできることをコツコツと誠実に頑張ってきたつもりでいる。
(これからも、もっともっと頑張らなくちゃだけど)

そんな中で思ったりする。
未来というのは、いつでも自分自身が切り開いていくわけだけど、
実際のところ、人はいつも前述のような「想いや愛」と「めぐり合わせ」によって導かれていくように思う。
どちらが欠けても、どちらを無視しようとしても、人生というものは叶わないのではないかって。

世間的に良いとされている環境にどれだけ優遇されたとしても、そこに愛や喜びがなければ生きた心地はしないと思う。
また、めぐり合わせっていうやつは、本当に本当にめぐり合わせで、そこには 「もしも」 なんていう言葉は絶対に存在しない。
逆らうことはできないし、受け入れた上でいかに自分なりの幸福感に導くかが大切だと思ったりする。

人が人と同じ時代の中で関わり合い、経験と経験がとある時代の中で交差する。
めぐり合わせをご縁として考え、世間的に良いとされているものではなく、自分にとって本当に価値のあるモノやコトを選び、
楽しかったことも、悲しかったことも、たくさんたくさん背負って、明るい方向に成長していく、育てていく。
あらゆる経験を、大切な誰かを守れる力に変えていくことで、全ての経験を「完了」させていく。

住む場所が変わったり、働く環境が変わったり、物理的に所属できる場所や直接出来ることは限られてしまうけれど、
自分の人生の中で出会った才能や好奇心に満ちあふれた人は大好きだしいつまでもいつまでも尊敬している。
その人にとって、今日という日が素晴らしい日であるように。
その人の人生がうまくいくように。 祈って、僕も一生懸命に頑張る。

頑張る、頑張れ、頑張ろう。
頑張っています。