B型の人の魅力

Filed under 30歳の作品, コミュニケーション, セナ日記|ゆるくずっとの考え事, セナ日記|人との関わり合いで思ったこと, セナ日記|写真詩, セナ日記|自己分析




自分はB型かAB型なんだと思って生きてきた26年間。

ある年の健康診断で初めて調べたところ、私はA型でした。



で。

世間では「A型とB型は相性が悪い」なんて言われているわけですが、

相変わらずB型の友人たちには仲良くしていただいています。



僕のプロフィールにも書いていますが、僕は調和、共感、フェア、人それぞれ、自由といった言葉が好きで、

「個性は大切にすべき」、「個性は社会が喜んでもらえる方向に伸ばすべき」、「様々な個性が混ざり合い調和することで新しい価値が生み出される」といった

思想というか、いつも人や物事と向き合う時に大切にしている価値観みたいなものを持っています。



で。



僕にとって、B型の人と付き合う時に最初から決まっているルールがあります。

「あなたはこうだよね」

「私はこうなんだよね」

「ここの部分は一緒だね」

「ここの部分は一緒に面白がった方が楽しいね」

「ここの部分は違うよね」

「ここの部分はこうなんだもんね」

「だからここは近づかないでおこう」

こんな感じで、同じ部分と違う部分を瞬時に見分けて、シーンによって距離感を変えることです。



僕にとって、B型は見るからに目立つB型と、静かに黙ってみているB型がいる。

僕にとって、B型は目元でわかる、B型は顔の肌の雰囲気でわかる、すごく繊細なんだ。

あとは女性の場合なら、顔とかシルエットとか全体的な形でわかる。

あやぱんとか、堀北真希とか、杉田かおるさんとかは僕の中で典型的なB型顔。

当然話していてもすぐに匂いでわかって、「もしかしてB型っすか」って聞くと8割は当たる。



B型は才能がある。

論理的思考や処理速度という意味の「頭の良さ」は、血液型とか関係なくトレーニング次第だと思うのだが、

人や世の中の動きを洞察するインプットの力に優れていると思う。

インプットをする習慣が日常的に多い中で、行動力、実行力といったアウトプットの力にも優れていると思う。

僕が思うに、あっているか、間違っているか、上手か下手かも重要なんだけれど、アウトプットすることそのものは内容以上に重要で、

好きなことに対する半端ないエネルギーを注げる集中力やこだわる力も全部含めて、

インプットしてアウトプットするという才能が芽を出していく重要なサイクルが習慣化されているのだと思う。



結果的に、普通の人が見ても気がつかないようなところに気がついたり、

面白いことは面白いのだからやろうよという前向きな未来を切り開いていけたり、

なんていうか、尊敬できることがすごく多い。

でもやっぱ一番は実行力なんだろうな。




最近になって、自分のA型な部分をたくさん見つける。

というより、自分にはできない行動力をB型の人たちは発揮して色々なことにチャレンジしている。

最近のオイラは本当に人が変わったように保守的になってしまい、

むかしの自分を取り戻すべきなのか、単に成長できた上の自分がこうなのか、そもそも昔からこんな感じなのか、

B型の人の才能に触れながら、いろいろと自分の未来のかたちと向き合ってる。



いずれにしても俺らしく。

結果とプロセス両方の彩りにこだわっちゃうのがセナスタイル。

そこへのこだわりとか、意思の強さみたいなものは、

俺がB型の友人に認めてもらえる重要な価値なのかもしれない。



笑顔をもてなすありのままをアートしよう。

SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA