写真があるだけで記憶に残る。

Filed under 27歳の作品, いつかに向けた日常写真, セナ日記|ゆるくずっとの考え事, セナ日記|今年の思い出になるっぽいコト, セナ日記|休日に語りにいきたいスポット, セナ日記|写真詩, セナ日記|誰かに向けたメッセージ, 人生論






今履いているスニーカーや洋服は、

今を一緒に生きているもの。

今は特に気にならない存在なんだけど、

いつか必ず、古く懐かしく感じるアイテムになると思う。




ブランコの感触。

通った道やそこに流れる時間。

匂いとか、目に見えないモノまでが、

写真一枚あるだけで、あとから鮮やかに蘇ってくる。




見返りは特に求めずとも、

いつかそんな存在になることを想ってパチリ。

2009年の1月が通過する。

かみしめる。




未来の自分が羨むような今を生きたい。

SENAstyle.












ランキングに登録しています。

↓宜しかったらワンクリックお願いします。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA