住み分け象さん。

Filed under 27歳の作品, いつかに向けた日常写真, コミュニケーション, セナ日記|ゆるくずっとの考え事, セナ日記|アイディア, セナ日記|人との関わり合いで思ったこと, セナ日記|写真詩, セナ日記|誰かに向けたメッセージ, 人生論, 企業とビジネス,

20090213_002



小学校の頃はみんなで授業を受ける。

将来、医者になる人も、野球選手になる人も、駅員になる人も、科学者になる人も、デザイナーになる人も。

でも僕らぐらいの年齢になると、得意な部分や苦手な部分、興味のある部分や人に任せた方がいいこと、

そういうものがいろいろと出てくるよね~って思うのです。



自分は何が得意なんだろう。

どんな状態の自分が、いちばんパフォーマンスを発揮するんだろう。

そんな風に、就職活動とかを行う時には全体を眺めることが大切だな~って思います。



それも限られた時間の中で行わなくてはならないんだ。

眺めようと思ったら全体は無限だからね。

選んで実際に走ってみてはじめてわかることもたくさんあるから、

眺めるときのタイムリミットも大切。



いろいろな人の話をきいて、すべてを疑いながらすべてを信じて。

憧れやフィット感、五感を用いて自分なりの選択をしていくことが大切。

ああ、それって人生。





俺にないものを持っている友達がたくさんいます。

俺はそいつらを尊敬しています。

お前スゲーっていつも思います。

彼らにないものを俺も磨いています。

いつか彼らのために活かしたいと思っています。



彼らの魅力と組み合わせて、よりよい価値を広げていきたい。

住み分け象さん。 ぱおーん

SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA