デザインとアートの違い

Filed under 27歳の作品, アート, セナ日記|ゆるくずっとの考え事, セナ日記|人との関わり合いで思ったこと, セナ日記|今こんな感じですよ系, セナ日記|写真詩, セナ日記|自己分析, セナ日記|誰かに向けたメッセージ, デザイン, 人生論

20090816_006

今もまだ葛藤している答え

今日の時点での答え

アートとは道のりである

哲学もまたしかり


アートとは向き合うことそのものである

デザインとは翻訳と設計である

ある誰かのために ある目的のために

作りこむのである 壊していいもの 壊してはいけないもの

足しながら 引いて 引いて 引きまくる


アートはドキュメント

作りこまずに起きている現象

変わるもの 変わらないもの 自分と自然の中にだけある訪れ


アートにおける表現

それは答えを探そうとすること

本当は誰かにわかってほしいけど

わかってもらうためだけに踏み切れない

探す時間に苦しむこと 探すことで慰めること

伝わらない 伝わってくれない 悲しい日常のこと


写真に絞り込めた人 風景画に絞り込めた人 彫刻に絞り込めた人

教育機関や職業 キッカケと才能によって導かれた人たちは

世の中にたくさん存在する


しかしどうだろう 人々はメディアの押し付けに気づき始めている

一般常識 社会の仕組み 根拠のないレールの世の中で

薄々感じ始めた疑問の出口を伝えきれないでいる

人は皆 詩人であり アーティストである


今はどこにいる

何週目のどの周期?

2万発の花火の1発

の中にある火薬 の粒

どこに目を当てて生きている?


苦しくて 愛しくて 心地よくて 日常的

自然に訪れるあらゆることを切り取って

何もなかったような明るい顔で相手の目線で翻訳している

探す 伝える 考える アートの手段にデザインがある

デザインの手段にアートが用いられることのある世の中に


逃げたいけれど逃げられないタフで繊細な孤独

そして僕はまたそのアートを翻訳し

人とつながることを試みるだろう

SENAstyle.

Post a Comment

Your email is never published nor shared.

CAPTCHA